Three Months Journey.

アニメのレビューしたり、音楽について書いたり、取り留めのないブログです。

妹さえいればいい。1話先行上映会、感想のような何か。

f:id:kyoukyouks:20170907105850p:plain

 妹の日ということで、行ってきました妹さえ(正式略称。読み方:いもさえ)1話先行上映会。

 さて、この妹さえいればいい。は僕としても原作は初版を所持して読んでるくらい大ファンで、アニメ化の話を聞いたときは(その情報開示が制作側の意図したものではなくても笑)とても興奮して心が躍ったのを覚えていますね。


 でもまあ、同時に本当にあれをアニメ化するのか? 正気か? と思いましたけど。

 とまあ、既読組は、色々心配だったんじゃないのかな、と思われる妹さえいればいい。のアニメですが、新宿ピカデリーにて一足先に1話を見てきました。 

 

f:id:kyoukyouks:20170907114447p:plain

Story

「妹さえいれば人生は常に最高なのに、なぜ俺には妹がいないのか……」

妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、天才作家にして変態の可児那由多、女子大生の白川京、イラストレーターのぷりけつ、鬼畜税理士の大野アシュリーなど、個性豊かな人物たちが集まっている。

それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたりゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたりといった、賑やかな日常を送る伊月たち。そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、ある大きな秘密があって―。

楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!

  

 時間になると会場が暗くなり、特にアナウンスもなく開始。


 そして、すぐさま会場に響き渡る「お兄ちゃんおっきっき〜」(CV:国府田マリ子
 原作既読組はおそらく記憶に焼き付いているであろう原作プロローグのアレは「そのまま」映像化されてました。要するに放送時間、まだ家族が起きているであろう22時半に「リビングでは見るな」ってことです。 

 会場には原作をまだ読んでいない方も半数ほどいるみたいで、その人たちはおそらく総じて「これはとんでもないアニメが始まったぞ……」と顔面蒼白になったことでしょう。いや読んでてもなったわ。
 さすがはシリーズ構成として読先生が関わっているだけあり、マイルドになるなんてことは一ミリもありませんでしたね。安心しました。来いよBPO!! 審議なんて捨ててかかって来い!!!!
 

 1話は、キャラクターの顔見せと、主人公である伊月とヒロインの那由多の出会いのエピソードが中心でした。シチュエーションには多少の変更があるものの概ね原作通りの展開、それぞれしっかりとキャラが立ってて初見にもわかりやすかったのではないかと。

 そして、とにかくヒロインたちが可愛い。自分は那由多が特に好きなのですが、ドラマCDの時点で金元さんボイスの那由多には脳を溶かされていたのに、可愛い動きが付いてもう全てに抗えない……。那由多の髪型の左右の出っ張りを猫耳のように動かすシーンが好きでした。

f:id:kyoukyouks:20170907111306p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907105947p:plain

  京や何故かOPではサブヒロインっぽい扱いを受けている山県さん、1話本編には登場していないですけどOPにちょろっと出てきたアシュリーと蚕、そしてもちろん千尋くんも野郎どもも、みんな魅力的なキャラデザに落とし込んであって、カントク絵はやっぱり素晴らしいなと。

f:id:kyoukyouks:20170907111151p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907111007p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907110919p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907110850p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907111515p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907111625p:plain

 

 作画に関しては、動きも凝って丁寧に作られていていい印象を受けましたが、同じく秋期にはSILVER LINK.の10周年記念作品である「つうかあ」が控えているので一抹の不安が拭えないのが本音ですかね。是非両作とも頑張って欲しい!

 1話の時点で相当ぶっとんでいる妹さえですが、お気楽モードだけではなく、ちょっと胸がチクチクするようなシーンも含まれています。主題歌はどちらも1話の時点で聴けるのですが、爽やかでかっこいい疾走感のあるOPと、少ししんみりするようなEDどちらも物語に寄り添っている印象で素晴らしかったですね。リリースが楽しみ。

f:id:kyoukyouks:20170907114059p:plain

f:id:kyoukyouks:20170907114028p:plain


 原作未読の方々にどう映るのかとても気になりますが、僕個人的には視聴前の少し大きかった不安のほとんどが2話以降の期待に移り変わるような素晴らしい出来だったと思います。
 読先生が原作本編で伊月のアニメがクソアニメにされる自虐ネタに走らずに済むので嬉しいやら惜しいやら笑

 とはいえ、1話を見て本当に胸を張っておすすめと言える作品になっているので、どうか本放送もよろしくお願いします。ドラマCDでも登場していないアシュリーや蚕ちゃんに声が乗るのが個人的にはとてもとても楽しみです。

 10月8日の22時半から、みんなもテレビの前でおっきっき〜(はぁと)してくれよな!!

 

 

 

アニメ『妹さえいればいい。』公式サイト

imotosae.com

 

 

昨日、先行上映会直後に公開されたPV第1弾

www.youtube.com